22歳以上のなっても就労場所が必要な訳 オヤセン 住む所が必要な理由

オヤセン「児童虐待を防止&生活(住む・働く)する」ビジネスモデル

オヤセン「児童虐待を防止&生活(住む・働く)する」ビジネスモデル オヤセン「児童虐待を防止&生活(住む・働く)する」ビジネスモデル どうしても、誤解されるビジネスモデルを紹介 児童虐待を機器で検知するシステムで特許を出願しています。これが機器メーカーさんが活用することによって、特許の利用料が井上に入ってきます 入ってきたお金の95%を「22歳以上の被児童虐待児が住める施設建設と運用」に利用されます 施設ができると、その被児童虐待児が働けるように、就職斡旋の会社をつくります。そうすることで、色んな仕事の斡旋 ...

ReadMore

オヤセン がっちり

がっちりマンデー

出張!がっちりマンデー!! in 福岡に行ってきました

出張!がっちりマンデー!! in 福岡に行ってきました 詳細は下を観ていただくとして、社長に相談ができるということで、考えてみました 儲かりお悩みガチンコ相談室 in福岡 当日イベントご参加の皆様から、お仕事・ビジネスに関するお悩みと相談を事前募集!みなさんのお悩みに、がっちり社長たちが、真剣に考えてお答えします。 似鳥様にお聞きしたいです。 社会起業家でオヤセンという児童虐待を生体反応の機器で検知してするシステムを作るために活動をしています、井上といいます お聞きしたいのは、この機器(児童虐待を機器で検 ...

ReadMore

協力

協力者

協力してくれる方(募集)

お願い 個人の方や団体様 ①虐待の現状を知ってもらうために、被虐待児の方に、書き込みをお願いしております。代理投稿でも大丈夫です なぜ、必要なのか?隠れ虐待が見つかります 児童虐待を機器で検知できるシステムを、アルコール検知のように法制化すれば、親権を盾に虐待検知を拒否できなくなります。今まで体に痣や傷や子供が申告しないとわからなかった虐待がわかるようになります。国会議員やメディアの方に知ってもらうためには、現状を知ってもらうのが一番だからです こちらから ②クラウドファンティング+懸賞(知ってもらうため ...

ReadMore

メールフォーム

お問い合わせinquiry

お問合せ先(連絡先)inquiry

オヤセン 井上博喜 お問合せ先(連絡先) 一般の方及び、協力者の方 お問合せ先(連絡先) メールフォームからお願いします。二日以内にご連絡させていただきます メールフォーム   オヤセン メディア専用問い合わせフォーム メールフォームからお願いします。二日以内にご連絡させていただきます 海外からの方は、日本語でお願いいたします If you are from overseas, please use Japanese. こちら (click)

ReadMore

オヤセン 児童虐待を機器で検知する紙芝居風編

オヤセン 児童虐待を検知するシステム

オヤセン 動画を紙芝居風に

オヤセン 「虐待を機器で検知するシステム」の動画を紙芝居風に オヤセン 井上博喜です。「虐待を機器で検知するシステム」の動画を紙芝居風にしてみました 長い文章なので要点だけを観たい方は、矢印部分だけを読めばサクッと読めます コンテスト受賞   きっかけはビジコンと児童虐待のニュース 反応で検知   子供から発信はできないのが、児童虐待の特徴。バレたら殴られる。怒られる。逃げ場がない 怪我などの外傷がないと表面化しない。   どこがボトルネック(問題点) 気がついた わかりにく ...

ReadMore

協力してください

企業様へ

企業様へ ビジネスの提案

企業様へ ビジネスの提案 児童虐待を検知する機器ですが、AIの会社と、生体反応を検知する会社とのコラボが必須なのです ご協力企業様や、大学の関係者の方におききしております   AIを手掛けている企業様にお伺いします AIを手掛けている企業様にお伺いします 児相から出るデータは、パーソナルデータはいいのですが、抽象化されたデータが多いです(と思います) それを、数値化するとすれば、ランク別にしないといけません 言語の中から、一定の文字を読み取り、それをランク別にできる企業様、いらっしゃいますでしょ ...

ReadMore

オヤセン 児童虐待を機器で検知する動画編

オヤセン

オヤセン 活動を動画にしました

オヤセン 活動を動画にしました まずは、児童虐待を検知する機器の普及と法制化によって、虐待を発見する仕組みをつくる オヤセン 活動を動画にしました プレゼン資料を、誰にもわかりやすい部分だけまとめてみました 詳細については、一部伏せ字、または、はしょっております これがメイン アルコール検知と同じ法制化。そして、虐待検知を拒否できないようにすれば、児相・警察・行政が入りやすくなる それの流れ それ以外にもありますが、これが第一段階のゴール オヤセンの活動を動画にしています

ReadMore

制作願います

コラボ企画

コラボ企画(企業様向け)

生体反応・AIの企業様コラボ企画 コラボ企画 オヤセンの商標を使って、コラボしませんか? オヤセンの仕組みを知っておいてください   オヤセン、コラボ企画は準備中です

ReadMore

オヤセン グッズ

コラボ企画

コラボ企画(個人様向け)

コラボ企画 オヤセンの商標を使って、コラボしませんか? コラボによって、あなたにも巨万の富が(オーバー?) オヤセンの仕組みを知っておいてください オヤセン、コラボ企画は準備中です

ReadMore

法制化で助かる命がある

法制化

国会議員宛 陳情前にアンケートとお願いをしてみようと思っております

国会議員宛 陳情前にアンケートとお願いをしてみようと思っております 主旨 事前に「虐待児童を機器によって検知!これによって児童虐待防止!」の活動を知ってもらって、共感してくれる議員がいるのか知りたい 現在の国会議員が児童虐待について、どの程度、協力してくれるのか こども庁ができるにあたって、知ってほしい。子供を守ることが、産みやすい、育てやすい(自分の子供が他の子供からいじめられることが少なくなる※。そのようことになっても法律があるから、毒親kら守る対抗要件にもなる)出生率あげることにもなる ※児童虐待を ...

ReadMore

児童虐待ダメ オヤセン

オヤセン「児童虐待ダメ!」児童虐待は機器で検知できます

新 着(2021/10/11)

寄付でなく、年/144億市場です。特許取得までの支援または、投資を願います。こども庁ができるここ近々が話題になるので
テレビで痛ましい事件を観るたびに、なんとかしたいとおもいながらも無力です。ガンガンやるためには数が必要=お金という現実もあります

また、検知器を製作する企業様を募集しています(秘密保持契約あり)

1分で分る概要

オヤセンは以下のことをしています。ビジネスモデルや収益の柱については個別で話をさせていただきます

ざっくりでいうと、検知する機器の特許の権利収入(貰う予定の95%)で、被児童虐待児で22歳以上方の施設建設や就労の会社設立や、協力してくれる児童虐待防止の団体の寄付などに当てます

特許の権利が20年ですので、毎年2戸の施設建設で、20年で日本全国の都道府県に施設を造ることができます。また、20年で22歳の人が42歳になり、平均結婚適齢期を上回っており、検知器の普及と、被児童虐待児だった、彼らが、一定の教育を受けることによって虐待の連鎖がなくなると考えています(虐待された子供は、親になると、虐待をするというデータもあるため)

オヤセンビジネスモデル

①-1 虐待検知の機器の普及(特許出願中、仕組化)
①-2 それを法制化して全児童の検知の推進(しがらみをなくす)
②被児童虐待児が抱えている課題 22歳以上の住む場の提供
③被児童虐待児が抱えている課題 22歳以上の職の斡旋によっての働く場の提供
④また、誰もがアイデアだけでも一発逆転の人生になれるための仕組化
⑤-1 これらのことを、パッケージ化して世界に発信。ビジネスにする
⑤-2 同じような社会課題を解決することができるこの仕組をパッケージ化してビジネスにする

オヤセン 概要

有識者というか有名人の方へ、いろいろ教えてくださったりしていただきありがとうございます
こちらの方から、SNSを利用しての(あなたから協力していただきましたという)アピールは許可がない限りいたしませんのでご安心ください

有名人の方はいろんなしがらみがあるでしょうから、一応ご連絡。もちろん、名前出してもいいよという方は、それはそれで助かります

オヤセン(おやせん) サイト案内

児童虐待を検知する機械の完成に力をお貸しください!!

全児童を検知する事を法制化する事によって虐待が減る

機器によって何が変わるのか?→虐待検知の機器について

児童虐待の現実

22歳以上住む所の確保

22歳以上働く場所の斡旋

商品販売サイト

被虐待者のコミニティ

オヤセン 起業秘話

もともとは、ビジネスプランコンテストがあったのと、ニュースで児童虐待をやっていたのがきっかけです

児童虐待の現状

児童虐待は毎日にように報道されております。実際、調べてみると

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に、 子ども虐待による死亡事例として厚生労働省が各都道府県を通じて把握した64例(73人)、また、平成30年4月1日から6月30日の3か月間に児童相談 所が受理した重症事例(死亡に至らなかった事例)として厚生労働省が各都道府県を通じて把握した7例(7人)について分析等を実施し、明らかになった。

引用元:子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第16次報告)より

子ども虐待による死亡事例が64例(73人)

潜在的には、もっとあるのでは?

そこで、それを減らすならどうしたらいいのか、考えた・・・

虐待を機器で検知 法制化

虐待が疑われたら、まずは機器によって、虐待がなかったかどうかを調べることによって、潜在的な虐待を早期に発見する

法制化で助かる命がある

そして考えたのが、ビジネスプランコンテストに出した企画「児童虐待を機器で検知!」受賞しました

更に知りたい場合は、「機器によって何が変わるのか?」はこちら

日本初児童虐待を検知するシステムで受賞

ところが課題も・・・

児童養護施設で育った人は、社会常識を学ぶことがおろそかになり、アパートの借り方等そういうのを知らないという記事?テレビで観た?のです

簡単に言うと、施設にいる時は、職員もそこまで手が回らない。そして、施設は18歳で出ていかなければいけないというのが決まりになっており、18歳のひとりの人間が、住むところや仕事を自分で決めるなどということは並大抵のことではありません

社会的養護自立支援事業とは:将来の自立に結びつけることを目的とする社会的養護自立支援事業。児童養護施設等への施設退所した者や、ファミリー事業者、里親への委託を解除された者(別紙1対象となる者)のうち、18歳(措置延長の場合は20歳)到達後から自立のための支援を継続して行うことが適当な場合について、原則22歳に達する日の属する年度の末日まで、個々の状況に応じて引き続き必要な支援を実施すること

実際に確認した人の話はこちら

今は22歳まで(社会的養護自立支援事業によって)になりましたが、それでも、22歳で出ていくとなると、ハードルは高いです。住むところにも保証人(身元保証人確保対策事業実施要綱はあるが)はいる、仕事も、家がないと難しい

そこで、井上は以下を考えた

「児童虐待検知する機器の普及と法制化」

「虐待を受けた人が安心できる場の提供」

つまり、この2つをセットにすると、みんながWIN-WINになると

 オヤセンは事業内容を1つづつこなしながら種もまいていきます

被児童虐待者の体験談サイト

ご協力ください

体験談サイト立ち上げ

 被児童虐待者の体験談サイト

私どものコミュニティーであなたの体験を書いてもらえませんか?
その当時のあなたは救えませんでしたが、あなたの経験がお役に立つかもしれません

http://gyakutai-dame.com/ 

コミュニティで書くことにより、政治家や有識者、技術者に知ってもらうことができます
新しい虐待防止の糸口になるかもしれません

あなたにお願いしたいことがあります

あなたに出来ること「SNSで拡散」「活動!人的な補助(ボランティア)」「費用面での補助(グッズ購入)」

「SNSで拡散」→拡散することで多くの人が知ってくれ、多くの人が賛同。早く法制化!それによって救われる命があります

FACEBOOK

Twitter

SNSで拡散して オヤセン

オヤセンは社会起業家井上が行っております

ありがとうございます。オヤセン井上は社会起業家なので、お金は欲しいのですが、寄付ではなくビジネスでお願いしております

もし、井上に共感してくれ、協力をしてくださるのであれば、手伝ってもらえないでしょうか?

企業

オヤセン 企業様 生体反応

1.社外取締役として提案

企業であれば、井上は社外取締役として貴社のお手伝いができます。特許を利用した、販促案の提案ができます

企業1社あたり、月/15万円(3社 2年限定)とパートさん並のお値段になっております

このお金が、ここ2年のオヤセンの原資になります

それ以降は、特許取得によるお金により、不要になります。ですが、受けた恩を忘れません

私の販促案したことが、売上ベースで合計1億円になるまで、ずっと無償で社外取締役をさせていただきます

2.オヤセングッズ販売

これらは商品にもよります

個人

オヤセン ライセンス

個人であれば、コラボ企画をずっとさせていただきます。賞レースに連名でだして、取った賞は半分ずつということです

残念ながら、始めたばかりなので賞はまだ取れておりません

申込みは、小説1件(企画 井上 文章 山本) 雑貨の企画案(企画 井上 イラスト **)雑貨の企画案(企画 井上 イラスト kamui)

また、オヤセングッズの販売のコラボもお願いすることになるかもしれません

製作メンバー募集中

子供はオヤを選べない

コンテストの企画の場合

井上ビジネスモデル

コンテストに関連する業種の方は、億の売上を上げることを目指しています
ご協力いただける方は、法制化も手伝ってもらえないでしょうか?

購入することで支援になります児童虐待支援のグッズ

オレンジリボン

オレンジリボン

オレンジリボン事務局で販売しているオレンジリボン

SDGs ゴール16(目標16)「平和と公正をすべての人に」

SDGsの目標16 16.2 とは

SDGsの目標16とは?「平和と公正をすべての人に」誰一人取り残さないためにも

「16-1」のように数字で示されるものは、それぞれの項目の達成目標を示しています

16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴力及び暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる
16.2 子どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する16.3 国家及び国際的なレベルでの法の支配を促進し、すべての人々に司法への平等なアクセスを提供する
16.4 2030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する
16.5 あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる
16.6 あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる
16.7 あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型及び代表的な意思決定を確保する
16.8 グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する
16.9 2030年までに、すべての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する
16.10 国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する

「16-a」のようにアルファベットで示されるものは、実現のための方法を示しています

16.a 特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでの能力構築のため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する
16.b 持続可能な開発のために、差別のない法律や政策をすすめ、実施する

まとめ  募集

願いを乗せて届け 折鶴

検知器の普及に欠かせないのが、コラボ企業様・議員立法を出してくれる議員様・児童虐待防止をされているNPOや団体様。ESG投資を考えている投資家様

センサーの企業様・AIの企業様ぜひご連絡ください。市場は〇〇億になります

児童虐待を取り上げてくださる、議員様。機器を使ってもらうように法制化願います

児童虐待防止されている、団体の皆様。私の活動にご協力ください。法制化・利用された場合、権利収入が僅かですがいただけます。寄付ができます

ESG投資を考えている投資家様。お手伝いしてくださる企業様は、投資に値するのではないでしょうか?

SNSで拡散して オヤセン

Translate »

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies.このサイトではcookieを使用しており使用に同意するものとします more information 詳細

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this. If you want to know about privacy, please check the URL. http://jidou.gyakutai-dame.com/privacy-policy/このウェブサイトのCookie設定は、可能な限り最高のブラウジング体験を提供するために「Cookieを許可する」に設定されています。 Cookieの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き使用する場合、または下の[同意する]をクリックすると、これに同意したことになります。 プライバシーについて知りたい場合は、URLを確認してください。

Close