虐待の実態 虐待の改善するには

虐待の実態 虐待の改善するには

虐待の実態 虐待の改善するには

虐待の現状はこの様になっている

虐待の現状はこの様になっている

虐待の現状

 

日常に虐待があっても怪我がなければ見抜くことはできないともいえる

見抜くことができない

この現実!

子供は逃げる場所がない。誰にも相談をすることができない
唯一いる、大人に相談しても、本当に守ってもらえるかどうかわからない

子供は話してはいけない、誰にも相談ができない

マルトリートメントはあるけれど・・・

マルトリートメントはあるけれど・・・

虐待防止は難しい!でもこれはなんとかしないと。井上博喜は考えました

虐待の情報の流れが悪いのが原因ではないだろうか?

井上博喜は見直しました

虐待情報の流れ
ここの虐待の情報の流れがうまくできない=仕方ない部分もある

虐待の情報の流れが悪い

マニュアルを見ても、現状における、学校側の対応の流れに時間がかかっている

一番のネックは外傷がないと通告・通報が難しい
現状における、学校側の対応の流れに時間がかかっている

 虐待と事故の差

虐待と事故の差 見抜くコツ

虐待と事故の差を見抜くコツを知ることによって、虐待を見抜くポイントがつかめるが・・・
現状でも疑いがあれば、通告や通報することを推奨しているが、人間誰だって人から責めらたくはないし間違ったことはしたくないのが人情

そこで、ココを機器で明確にして、システム化すれば・・・

虐待を機器で明確にして、システム化

メディアの皆さん取材お願いします。機器のメーカーさん協力してください。コラボ願います

検知機器特許出願中

虐待検知機器特許出願中

この機器によって通告が早くなる=児童虐待防止

この機器によって通報が早くなる=児童虐待防止

この機器によって通報が早くなる=児童虐待防止

この機器によって通報が早くなる=児童虐待防止

虐待を発見できる機器のビジネスモデルでコンテストで受賞

日本初児童虐待を検知するシステムで受賞

まとめ お力をお貸しください

私一人ではできない!ぜひ、虐待の防止のためにお力をお貸しください

児童虐待の機器普及について協力してください

児童虐待を検知する機械の完成に力をお貸しください!!

全児童を検知する事を法制化する事によって虐待が減る

機器によって何が変わるのか?→虐待検知の機器について

児童虐待の現実

FACEBOOK

Twitter

22歳以上住む所の確保

22歳以上働く場所の斡旋

商品販売サイト

被虐待者のコミニティ

 

-虐待の実態 虐待の改善するには

Translate »

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies.このサイトではcookieを使用しており使用に同意するものとします more information 詳細

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this. If you want to know about privacy, please check the URL. http://jidou.gyakutai-dame.com/privacy-policy/このウェブサイトのCookie設定は、可能な限り最高のブラウジング体験を提供するために「Cookieを許可する」に設定されています。 Cookieの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き使用する場合、または下の[同意する]をクリックすると、これに同意したことになります。 プライバシーについて知りたい場合は、URLを確認してください。

Close